マシブロ!

恋愛や人付き合いが下手すぎてフツーにヤバいし、オシャレしたくても服屋に行く服がない人向けのマシーカーのブログ
 
 
プロフィール

マシーカー

Author:マシーカー
現在60のテクニックを収録!

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(マンガ付き)落としたい男性がいる人向けの「いつもありがとう」作戦 

前回記事 http://ameblo.jp/maseeker/entry-10925898414.html





「○○さん、いつもありがとう作戦」はどのような人にも通用する便利な言葉ですが、





さらにワンポイント加えることで、





より男性を落としやすい言い方と女性を落としやすい言い方があるのです。



≪上下関係が大好きな男をくすぐる言い方≫




男性を相手するときには「いつも」と「ありがとう」の間に「助けてくれて」を付け加えましょう。  





「助けてくれて」という言葉にはあなた(助けをこう側)が下で、





男性(助けてあげる側)が上になる上下関係が発生することを、





男は意識します。  





男性のこの心理を巧みに利用してやり、





「あなたがいないと私、どうにもならないの。助けてくれて本当にありがとう」






と上手に甘えてやりましょう。






≪男は姫を守るナイトになるのが夢≫








マンガ de 恋愛♥







言われ始めは男性に表面上には反応がなかっても、







確実に男心をくすぐっています。






根気強く何度も言ってあげるのです。






そのうちに自分の中にある気持ちに気がつきます。






「あの子っていつも俺に助けを求めてくるよな。






本当、俺がいないとどうにもならないんだな。






本当は手伝いたくないけど、あの子が頼ってきてくるんだから、





今後とも助けてやらないといけないな」と使命感が男の動機づけなります。  







その瞬間、あなたを守る専属のナイトが1人できあがりました。






男は子供のころから、桃太郎などの昔話を読み聞かされることで、





女性を助けられる強い男になることを夢見ていますから、





「あなたしかいない!!あなたが私のことを助けて!!」






という目でみられると、






まんざらでもないんですよね。






≪ナイトと姫の禁断の恋≫





しかもそのナイト役を受け持った男性は、





いつの日かさらに気がつく日が来るのです。





「なんで俺はあいつのことを助けてやらなだめだって責任感じてんだ?






そこまでして助けてやる理由はあるのか?






もしかしておれ好きなのか?」






と使命感の奥に眠る「恋心」が目をさましだすのです。







それはまるで姫の護衛を任ぜられたナイトがいつのまにか姫に恋をしてしまう・・・






おとぎ話にありがちな男をおとす黄金パターンですね^^





【このブログの全体の目次】

↓他のマンガ付き記事を読みたい方はどうぞ目次から^^


【人気ブログランキング】
関連記事
スポンサーサイト
コメント
1. 無題

読者登録したんでよろしくデス

2. Re:無題

>諏冴琥さん

ありがとうございます^^














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://maseeker.blog.fc2.com/tb.php/34-a14c65ab
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。