マシブロ!

恋愛や人付き合いが下手すぎてフツーにヤバいし、オシャレしたくても服屋に行く服がない人向けのマシーカーのブログ
 
 
プロフィール

マシーカー

Author:マシーカー
現在60のテクニックを収録!

最新記事

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(マンガ付き)いつもありがとう作戦 使うときはここに注意だけしてね 



≪○○さん、いつもありがとう作戦の意外な盲点≫






ただ、「いつも(サポートしてくれて/助けてくれて)ありがとう」を言った時に






相手がこう返してくるパターンがあります。






① 「いえ、仕事ですから」、





②「いつもお世話になってますから」、






③「こないだの借りがありますから」







これを言われて黙っていてはいけません。






相手は「いつも」と言われて生じた違和感を、






「好きだから」と考えずに、






「仕事だから仕方がない」とビジネスとして割り切ってしまったり、






「お世話になっているから」と借りを返しているぐらいの気持ちで置き換えようとしています。






そこであなたが、ウンウンなんてうなずいてしまったら






相手には「そのとおりで、いつも僕は君をお世話している。」






と同意していることになりますから、






相手も、「そうですよね。」と納得してしまいます。






これでは相手はあなたを「好きだから手伝っている」






というわけではないですから、





好きになってもらえる可能性が遠のいてしまいます。






≪絶対に、相手は好きだから手伝ってくれていることにする≫





そこであなたが言うべきことは次の返しゼリフです。






①「仕事ですから」には






「いや、仕事の域を超えているよ。とっても助かったよ」






②「こないだの借りがありますから」には







「貸し借りなんてないです。私の方がいつも頼りっきりです」






③「いつもお世話になっていますから」には






「いつも助かっているのは僕の方ですよ」






この返し台詞を使って相手の認識を断固として否定しましょう。






なんとしても相手には、







「あなたはいつも私を助けてくれている」という認識をさせましょう↓(笑)



LOVE&BLOG


 

↓他のマンガ付き記事を読みたい方はどうぞ目次から^^


【このブログ全体の目次へ戻る】 【人気ブログランキング】

スポンサーサイト

(マンガ付き)落としたい男性がいる人向けの「いつもありがとう」作戦 

前回記事 http://ameblo.jp/maseeker/entry-10925898414.html





「○○さん、いつもありがとう作戦」はどのような人にも通用する便利な言葉ですが、





さらにワンポイント加えることで、





より男性を落としやすい言い方と女性を落としやすい言い方があるのです。



≪上下関係が大好きな男をくすぐる言い方≫




男性を相手するときには「いつも」と「ありがとう」の間に「助けてくれて」を付け加えましょう。  





「助けてくれて」という言葉にはあなた(助けをこう側)が下で、





男性(助けてあげる側)が上になる上下関係が発生することを、





男は意識します。  





男性のこの心理を巧みに利用してやり、





「あなたがいないと私、どうにもならないの。助けてくれて本当にありがとう」






と上手に甘えてやりましょう。






≪男は姫を守るナイトになるのが夢≫








マンガ de 恋愛♥







言われ始めは男性に表面上には反応がなかっても、







確実に男心をくすぐっています。






根気強く何度も言ってあげるのです。






そのうちに自分の中にある気持ちに気がつきます。






「あの子っていつも俺に助けを求めてくるよな。






本当、俺がいないとどうにもならないんだな。






本当は手伝いたくないけど、あの子が頼ってきてくるんだから、





今後とも助けてやらないといけないな」と使命感が男の動機づけなります。  







その瞬間、あなたを守る専属のナイトが1人できあがりました。






男は子供のころから、桃太郎などの昔話を読み聞かされることで、





女性を助けられる強い男になることを夢見ていますから、





「あなたしかいない!!あなたが私のことを助けて!!」






という目でみられると、






まんざらでもないんですよね。






≪ナイトと姫の禁断の恋≫





しかもそのナイト役を受け持った男性は、





いつの日かさらに気がつく日が来るのです。





「なんで俺はあいつのことを助けてやらなだめだって責任感じてんだ?






そこまでして助けてやる理由はあるのか?






もしかしておれ好きなのか?」






と使命感の奥に眠る「恋心」が目をさましだすのです。







それはまるで姫の護衛を任ぜられたナイトがいつのまにか姫に恋をしてしまう・・・






おとぎ話にありがちな男をおとす黄金パターンですね^^





【このブログの全体の目次】

↓他のマンガ付き記事を読みたい方はどうぞ目次から^^


【人気ブログランキング】

(マンガ付き)いつもありがとう作戦について 



LOVE&BLOG





「ありがとう」の言い方ひとつで相手の心をとりこんでしまうテクニックがあります。




それは「いつも」や「○○さん」を「ありがとう」の前につける言い方です。





≪いつも・○○さんをつけるだけで、ありがとうは変わる≫





(1)「○○さん、ありがとう」





「ありがとう」の前に、





わざわざ名前を呼びかける手間をかけることで




「この人は私に感謝を本当に伝えたいんだな」と相手にあなたの本気が伝わるでしょう。




(2)「いつもありがとう」





「いつも」と言えば、これまでの親切の全てに感謝をしている言い方になります。




「私の親切をいままで意識してくれていたんだな」と相手も嬉しい気分になるでしょう。





「いつも」と「○○さん」のどちらか、あるいはその両方を付け加えて






「○○さん、いつもありがとう」と言ってあげるのもオススメします。




これで好きな人を狙う他のライバルより一歩リードできるはずです!



↓他のマンガ付き記事を読みたい方はどうぞ目次から^^


【このブログの全体の目次】   【人気ブログランキング】



押してもだめなら引いてみろ ダブルバインドとは 

≪急に冷たくされると、気になってしまう≫


あなたは経験したことはないでしょうか?



好きな人が、あなたに対して急にそっけない態度をとられたことを。



そのときあなたはどう感じましたか?




きっと心配されたでしょう。



あれ、俺って何か悪いことをしたっけ?



普通、そのように自問自答をしてしまうのではないでしょうか?



あれ~・・・俺なんかしたっけ?なんかメールで失礼なこと言ったっけ?こないだ会った時に悪いことしちゃったかな」



まずはこのように自分の過去の行動を振り返って、思い当たる節を探し出すのではないでしょう。


いっそ謝ってしまおうか」



→「いや、原因がわかってないのにとりあえず謝ってしまうのはどうかな」



→「でも明らかに怒ってるしな~」→「何にもわかってないのに謝ること自体が火に油にならないかな」



→「・・・はあ、どうすれば」こういった形の堂々巡りをしてしまうのではないでしょうか。


そんなもんもんとした日を過ごしているある日、お目当ての異性が前日とは違って嘘のようにあなたに接してくれたら、



もうあなたは嬉しくて仕方がなくなるのではないでしょうか?



相手が不機嫌だったのが自分が原因ではないと分かれば、なおさら心は晴れ晴れとしたものになるのではないでしょう。



「自分は嫌われているのでは?」という心配がなくなった時、残ったものは不安によってより大きくなった異性への恋心・・ではないですか?



絶縁の危険を乗り越えた結果、かえって愛情が深まる。こういうことってよくあるんですね。



矛盾した二つのメッセージを同時に流し、相手の心をかき乱してしまうことを心理学では「ダブルバインド」と言います。



恋愛においては、一見「嫌い」という態度をとりながらも、のちに「好き」という態度を流す。



そうして相手の心を大いに揺さぶることで、手ごまにとってしまうテクニックです。



いわゆる「恋愛は押してもだめなら引いてみろ」とはこのダブルバインドを指すわけですね。



人は「好き」という単純なメッセージのみを配信し続けると安心しきってしまいます。



あれ?なんか俺しでかしたかも?今度は気をつけて接しよう」と相手はあなたとの対応をよりいい方向にさせようと努力をしはじめるのです。


そうしていたらそのうち相手は錯覚するのです。



「なんで俺、あいつに気をつかってんだ?アイツのこと好きなのか?・・・もしもあいつとこのまま終わってしまったら、俺・・・さみしいかも。もしかして本当は好きなのかもしれん」と自分に恋心があると思い違いをし始めます。



その思い違いが発展していって、結局本当に好きになっていくわけですね。




【人気ブログランキング】

【このブログの全体の目次】

デートで成功するお店選び 【色】 

前回 デートで成功するお店選び【音】

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10933022964.html

≪オシャレ重視でWハート

お店はオシャレなお店や綺麗なお店を選びましょうラブ



最近、飲食店業界は売り上げを伸ばすためには女性にウケるようにお店をオシャレに作りかえることはもはや定番ですガッツ

たとえば100円開店寿司業界、最大手のスシローではお店全体のイメージカラーを可愛い印象のあるオレンジ色にしているのも、女性客の集客を狙ってのことだそうです好

それほど、女性はお店を選ぶ基準に食事内容よりも、そのお店全体の雰囲気を重視しているということですじゅる・・キラキラ




あなたがお店を選ぶときには必ず女性が入りやすそうなオシャレなお店を選んでやることですかお「わーこんな可愛いとこにつれてきてくれて嬉しい心心」と思ってもらえるようなお店を選びましょう。天井の排気パイプがむき出しだったりする店や、ラーメンの屋台のように粗末なイス、テーブルしか用意できていない古い店を選ぶのは絶対にNGですムンクの叫び



≪食事のジャンルがお店の雰囲気≫

普段の外食するのは大好きなラーメンや行きつけの飯屋だから、オシャレなお店と言うものがイマイチつかめないと言う人は、食事のジャンルからお店を選ぶのもいいでしょうにこ

 女性ウケのいいお店と言うものはいくらか決まっています。フランス料理イタリア料理などはまさにその代表格でしょうじゅる・・アジア料理のお店も悪くないですよ怒

そういうお店はアンティークさを演出する為に、さまざまなレイアウトを施していますから、女性から好感をもたれることが多いのですキラキラ



≪ホテルのレストランは全ての飲食店のお手本!≫

私がホテルのレストランを推すのには、オシャレに対する思い入れのリスペクトから来ていますキャッ☆ホテルのレストランは、さまざまなレイアウトが施されていて、全体としてエレガントであり、実に女性好みな空間なのですラブ目

豪華なシャンデリアの下で食事をしたら、それだけで高貴な気分にさせてくれますすげ~壮麗なペルシャじゅうたんは足を踏み入れただけで日常から解き放たれた優美な時間を足元から沸き起こってきます音符思わず見入ってしまう雄大な壁画に優美なクラシックが重なり、女性はそれだけで悦を感じてしまうでしょうきゃはっ♪さらに高い階層のレストランなら夜景を一望できます。一度は女性が憧れるシーンですきゃーキュン死

そんなところで食事会をあなたが演出してやれば、女性はあなたのエスコートの思い入れの強さを観て、異性として見直すことでしょう(*´・ω・`)



キーワード:フランス料理 イタリア料理 アジア料理 オシャレな店 レイアウト 女性にウケる店




私のおススメ記事 

男をキュンとさせてショック死させる 小悪魔な女になるしぐさ一覧表

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10936115598.html

女が一番心を開く時 女性の悩みの聞き方にかかわる記事はこちら

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10935997399.html



【このブログの全体目次】

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10937018166.html

【親友編】

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10932759642.html




この記事があなたの恋の手助けになりそうでしたら、

↓をクリックしていただけますでしょうか?
人気ブログランキングへ

男性必見 エスコート術 第一章 お店選び 【音】 

女性とのデートにこぎつけたあなた。デートのプランはどう考えていますか?実はデート成功のカギの8プランニングにかかっているのですWハート



デートで行くとなったら、多くの人が飲食店に誘うでしょう。ここでは選んだだけでモテる飲食店選びの方法を説明していきますかお


飲食店選びのポイントは【音】【色】【人ですにゃ


【音】とはその飲食店の中で聞こえてくる音そのものです。人の会話する音、物がこすれる音、聞こえてくるBGMなどを総合的に評価して最適な音を出してくれる店を選びましょうおんぷ


【色】とはその飲食店の中で目に映るすべての物です。どんな格好をした客がいるか。装飾品はどのようなものが施されているか。快適で居心地のいいテーブルやイスをつかっているか。 食事を楽しむ以外にも、「ここにいるだけで気持ちいいな」と思えるお店を選びましょう好


【人】とは従業員のことです。人気のお店であることも大事ですが、その分、従業員が忙しさに振り回されて接客が適当では意味がありません。良いお店をさがすということは、よい従業員をさがすことと同義なのですにこ



モテるお店選び【音】


≪最高なのはホテルのレストラン≫

【音】【色】【人】とこれから説明していきますが、まず結論を述べさせていただきますと、【音】【色】【人】の全てをクリアしているお店はホテルのレストランです!!「いきなり高級な場所を出してきやがって悔し泣き」と思われる方が多いでしょうが、ホテルのレストランほどデートに最適な飲食店はないんですWハート



≪騒音、雑音の心配がありません≫

 ホテルのレストランはまず騒音がありません。しずかな空間で女性とゆったりと語らいができます。いかに静かな空間がデートに恵まれているのかは、あなたが騒がしい場所にいるときに実感することができるでしょう



≪え!?聞こえない!と言ったら彼女が帰ってしまいました≫

周りが騒がしいと相手の話が聞こえませんガーンえ!?何だって!?」と聞き返すのって結構勇気がいるんですよね。だから聞き返すのを控えて「うんうん」なんて適当な返事をしちゃうと相手に「話聞いてんのか」とかえって悪い印象をもたれることもあります。それにもしかしたらあなたが「うんうん」と適当に流した相手のセリフに、口説きにもってこいの絶好のチャンスがあったかもしれませんなっ・・・なんと!

あなたの言うことも騒音にかき消されてしまうこともあります。あなたが適切な音量と口調でちゃんと話をしているのもかかわらず、騒音のせいで上手く伝わらなかったりすることだってありますえー

さらに騒音を考慮した会話になりますから、相手を口説こうと思ってアレコレと頭をフル回転させているのに、騒音に気をとられていつもの何分の一の力しか発揮できなかったなんてことになったら・・・やっぱり後悔しますよね・・・・



≪騒音=あなたの音≫

人によっては騒音が大の苦手な人がいます。騒音を聞くだけで不機嫌になる人だっています。その不機嫌の対象が騒音に向けられるだけでなく、無意識のうちにあなたにも向けられてしまうことだってあるんですほろり

騒音の中、あなたとの食事をした女性は、デートが終わって帰っている途中に、あなたの事をどう評価するでしょうか?「なんだか騒がしい人だったわね(´-ω-`)」と辛口に評価されることもあるでしょう。「良い人だったけど・・・とにかくお店はうるさかったわねえへへ…」と非常に良心的な評価をされても、結局はお店に対するマイナス印象が、そのお店を選んだあなたの印象にもマイナスな印象を与える結果になることも少なくありません涙




≪騒音はあなたのせい??≫

女性だってわかっているのです。騒音とあなたは別物だってことは。でもそれでもガヤガヤと騒がしい音は、あなたの印象を無意識に悪くしています。

しかし論理的に考えてもみれば、あながちあなたも無罪とは言えませんガーン

飲食をするだけならコンビニのおにぎりをほおばったり、家で済ませてきてもいいんです。でもそこをあえて外食するということは「食事以外の何か」をもとめて、外食にきているわけです。それは「快適な空間」であったり、「親切な従業員のサービス」であったりするわけですいー

騒音まみれの不快な空間を提供する店を選んでしまったあなたは、そのお店がうるさいところだということを知らなかったとして、情報収集力が貧弱だったとみなされます。情報の時代と言われる現代においてそれは致命的と言えるでしょうなきがお



≪最適なBGM≫

会話を楽しむ為にはバックミュージックも大切です。高級感あふれるクラシックを、設置場所を計算されつくした音響設備で、最大の音響効果で提供してくれる店があれば・・・最高ですよね音符

1960年代のジャズ、ボサノバが流れるカフェなんかもお店選びには良いですねあげ

静かな空間で雅やかな音楽が流れていれば、以前に紹介した会話術をフルに活用できます。あなたの会話の努力を100%発揮することができることでしょう。その為の【音】選びなのですハート






キーワード:ボサノバ 快適な空間 情報収集力 騒音=あなたの音 デートのプランニング ホテルのレストラン



私のおススメ記事 

男をキュンとさせてショック死させる 小悪魔な女になるしぐさ一覧表

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10936115598.html

女が一番心を開く時 女性の悩みの聞き方にかかわる記事はこちら

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10935997399.html



【このブログの全体目次】

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10937018166.html

【親友編】

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10932759642.html



この記事があなたの恋の手助けになりそうでしたら、

↓をクリックしていただけますでしょうか?
人気ブログランキングへ

親友編 目次 

≪他の友達の誰よりも、あなたが悩みを上手に聞いてあげましょう≫


女性の悩みの聞き方

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10935997399.html

男性の悩みの聞き方

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10936048755.html



≪女性が男性に悩み事を相談するとケンカになってしまう理由≫


なぜ女はいつも愚痴をこぼすのか。なぜ男はいつも解決を急ぐのか。その1

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10919669576.html

なぜ女はいつも愚痴をこぼすのか。なぜ男はいつも解決を急ぐのか。その2

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10931119836.html




≪他のライバルに差をつける。あなたを異性として意識してもらえる「ありがとう」の伝え方≫


惚れてしまう「ありがとう」の伝え方 (いつもありがとう作戦についての記事)

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10925562694.html

誰でも使える!モテる!洗脳術!!その1(いつもありがとう作戦の心理学的知識の裏付けについての記事)

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10925898414.html

誰でも使える!モテる!洗脳術!!その2(より男性を落としやすくなる、男性版いつもありがとう作戦についての記事)

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10927344965.html

誰でも使える!モテる!洗脳術!!その3(より女性を落としやすくなる、女性版いつもありがとう作戦についての記事)

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10927711406.html

誰でも使える!モテる!洗脳術!!その4(いつもありがとう作戦の意外な落とし穴とその防ぎ方についての記事)

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10930721048.html


≪脈なしから脈ありへのステップアップ≫

ダブルバインドをつかって相手に追いかけさせよう!

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10937939457.html



≪男性が身につけたいエスコート術≫

男性必見 エスコート術 第一章 お店選び (お店選び。騒音がなく、居心地の良いBGMの店を選びましょう)

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10933022964.html


モテるお店選び【色】(見た目がオシャレなお店を選びましょう)

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10933092063.html



【女性向け記事 小悪魔な女になるしぐさ一覧表】お気に入り登録を忘れずに!

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10936115598.html


【いつでも使える 褒め方の手引き①】

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10936798047.html

【いつでもつかえる褒め方の手引き②】

http://ameblo.jp/maseeker/entry-10937135856.html


この記事があなたの恋の手助けになりそうでしたら、

↓をクリックしていただけますでしょうか?
人気ブログランキングへ

落としたい女性がいる人向けの「いつもありがとう」作戦 





前回の記事 http://ameblo.jp/maseeker/entry-10927344965.html






女性の場合は「いつも」と「ありがとう」の間に「サポートしてくれて」をいれましょう。



「女に助けてもらっているのを自分から認めてしまっていいのか!?



サポートなんか必要ない、デキる男を演出しないといけないだろう?」



そういう声が男性から聞こえてきそうですが、



それはあくまでも男性側の見方です。




≪女は本当に、男に盾になってほしいのか?≫




実際の女性は、恋人でも夫婦でも家族でも、




「私も一緒にあなたと困難に立ち向かっていきたい」




という本音を持った女性が多いようです。



何か問題が起きても、



「男は女をまもるものだ。君は出てくるな」と言われたり、



「いいから黙ってついてきてくれ。」と言われると、



女性はその方が辛かったりするのです。



問題が起こっても相談もしてくれずに、



一人で悩んでいる男性をみると悲しくって仕方がなかったりもします。



≪自分の働きを認めてもらえると嬉しいのが女心≫



実際に女性が手伝っていることが、



体力や力に勝る男性の何分の一の事であったとしても、



「お前がいてくれるから俺は今こうしていれるんだ」



と有難く受け取ってもらえたら、



女性だって嬉しいものなのです。



友人関係にあっても、前回の記事の男性の「助けてくれて」の時と同じで、



何かを手伝ってもらえたら、



「いつもサポートしてくれてありがとう」と言うことに努めましょう。




≪好きな人との二人三脚が女の夢≫



初めは女性に目に見える変化はないでしょう。



「私、そんなにサポートしてたっけ?」と言った具合に思われるにとどまるでしょう。



しかし何度も言われていれば、



女性だって「自分は本当にいつも助けているんだ」と無意識に刷り込まれていきます。



そして何度も手伝ってもらっている内に女性の中でこんな心だって芽生えてくるでしょう。



「私と彼は二人で一人なんだわ。彼には私がいないとダメね」と。



あなたが素直に「サポートしてくれている」



と認めていることで女性の「母性本能」をくすぐるのです。




≪深情けな女が恋に発展しやすい≫



その母性本能は「やれやれ仕方がないわ。



私がいなくっちゃね」



という子供扱いのようなものに近いです。



そんな風に思われると男のプライドが傷つくようですが、



実はその方が恋に発展しやすいんです。



世話をかけられても



「ねえねえ、お願い!やっぱり君がそばにいて手伝ってくれないとダメなんだ!」



と自分を必要としてくれる人のほうが可愛いく思えるからです。



逆に男だって「あなたがいないと、私ダメなの」




という風に接せられた方が、「守ってやらねば」という使命感が湧き、




それが「あの子を守ってあげたい!」




という恋心に変わることは前回の記事で説明したとおりです。




女性の情に働きかける「サポートしてくれて」をぜひ活用しましょう




次回記事 http://ameblo.jp/maseeker/entry-10930721048.html





【人気ブログランキング】

【このブログの全体の目次】

女性の悩みの聞き方 その1 


ただ話を聞いてあげてください

 女性の悩みを聞くときは、解決しようとせずに、うんうんと話を聞いてあげてください。 「うんうん」、「そうなんだ」と相槌を打ってあげるだけでも女性は満足します。それは「誰かに私のこの苦しみを分かってほしい」という気持ちで悩みを打ち明けている場合がほとんどだからです。


話を聞いてあげて、解決策を自力で見つけてあげてください

 悩みを相談している女性の中では、実はもうだいたいの解決策のイメージはつかんでいるのです。悩みを聞く私たちがしてあげられることは、「うんうん」と聞いてあげることで、荒れた気持ちの整理をしてあげて、ぼんやりとした解決策をハッキリとしたものに変える手助けをしてあげることです。



↑ここまでが悩み聞きの一般論です


↓ここからは、マシーカーがさらにもうひと工夫加えた 悩みの聞き方です

≪上級者になると、自分も悩みを打ち明ける!?≫

 女性が悩みを打ち明けてきたら、あなたも悩みをうちあけてみてください

女性が「悩みはただ聞いて、共感してほしい」という気持ちで話をしているというのなら・・・それを逆手にとって、こちらも同じような悩みを持ち出して、強く共感をしていることをアピールしてあげると良いのです。


女性「わたし、このあいだ外国人の先生に怒られたんだ。寝るな!ってさ・・授業中にちょっと下向いてただけなのに・・」

聞き手「そうなんだ~ 君が下向いている姿を先生は寝ているって勘違いしたんだね」

女性「ほんと、私は日本語がわかるから、君たちの事はだいたいわかってるみたいなこと言ってたくせに・・・何もわかってないわ」

聞き手「わかるよ~。俺だってさ、こないだ言われたよ。『シャラップ(だまれ)』って。俺、となりで私語をしてる奴に注意しただけなのによ。注意した俺にシャラップはないだろ。日本語わかってないだろ」


 女性は「外国人の先生に怒られた」経験を話しました。そこで聞き手も「外国人の先生に怒られた」経験をもってきました。そうすることで、より深くいところで繋がったところで悩みを共感してあげていることになります。

 それが女性にとってこの上なく嬉しいことなのです。「うんうん」という相槌も大事ですが、あなたが自分の経験をもって話に賛同してくれたら、女性はもっとうれしいのです。


≪じゃあ解決はいつすつの?≫

 あえて断言をしてしまいますが、そもそも「悩み」ときたら「解決するもの」とイコールさせているのは男性だけなのです。女性にとって「悩み」イコール「ただひたすらに、何の目的もなく聞いてあげるもの」なのです。

 女性同士が悩みの相談をしているところを聞いていると、あることに気がつきます。いつまでたっても解決策に話がすすまないことです。

 「いつまで同じことばかり話しているんだろう」 「『えーうそー信じられないー○○ちゃんが可哀そうホロリ』ばっかり言ってんじゃん」 「・・・いつになったら解決策を話し合うの?」 こんな風にツッコミを入れたくなることもあるでしょう。それが女性の悩み相談というものなのです


≪悩みを打ち明けることで親密さをアップするのが女性の目的≫

 女性は相手との親密さをアップさせるために悩みを打ち明けます。悩みの解決には特にこだわりがないのが、女性の悩み相談の特徴なのです。

 例えば、母親同士が悩みを相談している時に、「うちのドラ息子がこんなことしたの・・・」と片方の母親が言えば、もう片方の母親が「うちだってこないだバカ息子が・・・」といってお互いに自分の息子のだめっぷりをアピールしあっています。それは彼女達が「私たちは一緒ね」という目に見えないメッセージを伝えあう事で、「仲良くしましょう」という意識を高めあっているわけなんですね。


≪解決しようとしたら、親密さにヒビが入る!?≫

 「私たちは一緒ね」と親密さを共感するには、同じ目線で立つことが必要です。しかし一方が助言する側に立った時に、「一緒ね」とは言えなくなってしまいます。女性はそう考えるから、お互いに同じような悩みを引きだして、お互いが「悩みをもつ側」になろうとするのですね。





≪会話文をよんで、より深い理解を≫

次の会話文で女性の悩み相談の形を理解しましょう。話の場面はA子が友達のB子に、最近彼氏と別れた事を打ち明けたシーンです。





A「私、こないだ彼氏と別れちゃったの」

B「え?そうだったの!?どうしてわかれちゃったの?」

A「なんだか、私が毎日メールしたり、電話したのが嫌だったらしくて・・・」

B「私も今の彼氏に同じこと言われた。毎日連絡するのってめんどくさいって

A「B子も同じこと言われてるの?あの彼氏に?」

B「そうよ。何にも用事ないのにメールしてくんなって。ひどくない?

A「どうして男ってそうなのかしら?別に用事がなくてもいいじゃない!!」

B「本当にそうよね。女心ってものを理解してないわ」

A「しかも別れる時に『俺毎晩ランニング始めたから、今までみたいにメールするのが嫌だ』って言ったのよ。最低よ」

B「うわーA子の彼氏に私ひいたわ。そんな人だったなんて・・・ただのスケベ男だっただけじゃなかったのね」

A「っていうか、まだ実は言ってないことがあるんだけど、これ絶対に言わないでね」

B「うんうん!!何があったの?」

A「実は・・・別れ話をしたのは彼の家でだったんだけど・・・その・・・彼・・・別れ話をする前に、私の上に乗ってきたの?」

B「ええ!!??乗ってきたって・・・ヤッたってこと?」

A「・・・うん、二人っきりになったらいきなり・・・」

B「・・・実は、私も前の彼と別れる前に、やられたの

A「え?本当に!?どうしてあの時、教えてくれなかったの?」

B「だって・・・言いづらかったんだもん。でもA子がヤられたって言ってくれたから」

A「はあ~B子もそうだったのね。どうして男っていつもそうなのかしらね。でも私だけじゃないってわかってなんだか安心したわ







この会話の中で、B子は徹底してA子に同情しています。

B「私も今の彼氏に同じこと言われた。毎日連絡するのってめんどくさいって

この台詞の中の私もという言葉を使って自らの体験を語ることで、よりA子の心に寄り添うように同調できています。

B「そうよ。何にも用事ないのにメールしてくんなって。ひどくない?」さらに会話はいつのまにかB子の悩み相談にも変わってきています。お互いの悩みを打ち明けることで一方通行にならない会話を展開できるわけですね。

B「・・・実は、私も前の彼と別れる前に、やられたの」このB子のように、人には言えないような体験を語ることは女性との間柄をグッと縮める特効薬です。普通なら言えないことを自分にだけは打ち明けてくれたんだ」と女性は感謝してそう思うのです。

A「はあ~B子もそうだったのね。どうして男っていつもそうなのかしらね。でも私だけじゃないってわかってなんだか安心したわ」最後にA子はこういって悩みから解放されます。「自分だけじゃなくて、他の人にもあったことなんだ」という安心感に満たされるのです。







≪手順のまとめ≫

 女性に悩みを相談されたら、深く共感していることをしめすために自分の過去の体験談を語り合いましょう。「そうなんだ」「なるほど」といった口先だけの同調では他の男のライバルとの差をつけることは難しいです。(最近は相槌には効果があることは皆知っていますから)

 女性が仕事の悩みを言ったら、同じ仕事の悩みを。恋の傷口を見せてきたら、あなたも恋の傷口を語りましょう。

 あなたが自分の傷口を見せるためには、昔のことを「想起」する努力が必要になってきます。相手の女性を慰めるためだけに、自分の辛い過去を思い出してくれる男性に、女性は言葉ではいいつくせない感謝の気持ちがわき起こってきます。ただ相槌を打つだけではなく、自分の過去を堂々と述べる男らしさと、わざわざ自分と共感する為に思い出す努力もしてくれるあなたに女性は、「私のために昔の嫌な思い出を語ってくれた!この人って本当に親身になってくれるラブ」と尊敬と憧れの念で見てくれるようになるわけですね。それがいつか恋心に変わるのもきっと遅くないでしょう。

 


【このブログ全体の目次へ戻る】

【人気ブログランキング】

いつもありがとう作戦は認知的不協和を起こす 


「○○さん、いつもありがとう」



これを言われた人の中には



「いつもってお礼いわれたけど、私は『いつも』してきたかな?」




と違和感がある人だっています。



その違和感を感じてもらった方が恋に発展させやすいのです



≪納得しない心が恋への近道になる≫



心理学はその違和感を「認知的不協和」と呼びます。




認知的不協和とは現実の出来事が心の認識と矛盾したときに生じる、心のわだかまりです。




例えば、あなたが欲しい服があったとしましょう。




欲しいと思うこと。これが心の認識。




しかし、それはとても高価でとても手に入るものではなかったとしましょう。




高価で買えないこと。これが現実の出来事。




買いたいのに買えない。これが認知的不協和です。



≪認知的不協和を否定したいのが人の心≫



しかたなく諦めざるをえない時、心の中で正当な理由を作る時がありませんか?




例えば、




「あの服は大きすぎる」


「自分に似合う服ではない」




「シーズンが終わりつつあるから、今更買っても無駄だ」



こうして、買わずに立ち去る理由を作りますよね。これが認知的不協和の解消です。



「○○さん、いつもありがとう」と言われた時に、


「いつもしていたっけ?」と認知的不協和を感じた相手が




次のように認知的不協和を解消してきたら、恋への発展が期待できます。


「いつもって言われたけど私って端から見たら、


あの人をいつも手伝ってあげているのかしら?




どうもそうらしい。じゃあなんで私はいつも彼を手伝っているかな?




私があの人を好きだから手伝っているっていうの?_(?_?)」




こうして「いつも手伝う」=「自分はあの人が好きだから」




と自分で自分を自問自答を始めてくれました。



このテクニックは、恋愛テクニックとしては小さな物に分類されるでしょう。




でも手軽に使える分、誰でも何度でも活用できます




明日からぜひ使ってみてください!



【このブログ全体の目次へ戻る】

【人気ブログランキング】

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。